副業でマンション投資する方法|老後のことを考えて行なう

サブリースで賃貸経営

紙幣と積み木

空室期間の家賃を保証

賃貸マンションやアパートの経営では、借り手がつかなければ収入がゼロになるというリスクがあります。とりわけ融資を受けて不動産を購入した場合は、月々の返済が難しくなり、空室期間が長ければ長いほどダメージは大きくなります。一括借り上げとは不動産会社が賃貸物件をまとめて借り上げ、個々の入居者に転貸する仕組みで、サブリースとも呼ばれています。入居者の募集や家賃の回収は不動産会社の仕事になり、たとえ空室ができてもオーナーには一定の収入が保証されます。そのため安定した経営が期待できるだけでなく、面倒な事務管理の手間が省けるというメリットもあります。特に賃貸経営の初心者には、一括借り上げは人気の高いシステムです。

契約内容を把握する

当然ですが一括借り上げには手数料がかかり、自分で経営する場合よりも収入は少なくなります。また将来的には家賃が引き下げられ、予定していたよりも収入が減ってしまう場合もあります。家賃は不動産会社との交渉によって決まりますが、決裂すると契約が解除されることもあるので注意が必要です。あらかじめ契約事項を確認し、保証の内容について十分に把握しておかねばなりません。そのほかメンテナンス費用は誰が負担するのか、解約の際に違約金を支払う必要があるのか等も確かめておきましょう。一括借り上げは初心者に向いたシステムとはいえ、何もかも不動産会社に任せるのではなく、経営者としての意識を持って契約を結ぶことが大切です。