副業でマンション投資する方法|老後のことを考えて行なう

家賃収益を得るために

電卓を持つ人

投資を始めようと収益物件を購入するにも、借り手の事や土地の需要性などを考える必要があります。大阪では、公共施設や学校などが充実しているところも沢山あります。このような場所を選ぶことで借り手の需要が期待できるのです。それにより、空き室のリスクを軽減でき安定した収益が得られます。

魅力的な投資

男性

投資の種類も様々ですが、その中でも人気があるのが不動産投資です。アパート、マンション経営などの不動産投資は、定期的な家賃収入が魅力的です。毎月の生活の足しにしたり、老後資金にしたりなど、様々な目的で行っています。

マンション経営を考える

マンション

副業と老後資金

今、サラリーマンなどの副業を認める企業が増えています。そのことから、若い人の不動産やマンション投資などを始めようとする人が多くなりました。人気のマンションなどを購入し、その家賃収入を得ようと考えている訳です。そこには将来の不安を解消したいと考えている人が多く、高齢化社会になったことが、大きな要因とも言われます。定年退職後、年金だけでは暮らすことが困難と言われる時代ですから、生活のために得ることを考えることになります。今から、預貯金をしておく人、更には再度のマンション投資を考え、お金を貯めておく人などを考えることで、マンション投資が人気になっているのでしょう。老後には、身体を使っての仕事はキツイと考えられ、家賃収入は労働力も必要なく、安定した収益を考えられることにあると考えられます。

新築より中古が安定

マンション投資が人気の時代ですが、新築マンションより中古マンションの方に、人気が集まっているようです。このマンション投資の大事な部分は、その物件の立地条件です。場所の悪いマンションでは、入居効率も悪く、家賃を下げるなどの対策が必要になってしまいます。また新築マンションも、始めに入居した人には「新築」で良いのですが、二度目の人からは「新築」が、通用しないことになります。そのため、家賃を下げることになってしまい、収入予定が狂ってしまうことにもなってしまいます。しかし中古マンションでは、最初から投資額が少なく済み良さがある上、入居者が入れ替わっても家賃を下げる必要がない良さがあると知っておきましょう。

サブリースで賃貸経営

紙幣と積み木

一括借り上げは不動産会社に投資物件を一括して賃貸し、入居者の募集や家賃の回収を任せるシステムで、空室になっても家賃収入を得ることができます。将来的には家賃が引き下げられる可能性もあるため、契約内容を確認しておくことが大切です。